一般社団法人日本リサーチ総合研究所

消費者心理調査 207
(2013年4月実施)
平成25年5月16日(木)14:00 更新
【次回調査(208)結果(概要)は平成25年7月中旬発表の予定】

ほぼ12年ぶりの水準まで改善となった消費者心理
― 物価上昇見通しは7割を超える ―

消費者による今後1年間の見通し判断を調査したCSI(4月調査)によれば、

 2月に続き、景気見通し指数が史上最高を更新するなど景況感の改善が続くなか、雇用(失業不安)見通しは2月から横ばいに留まっているものの、収入見通しについては先行き減少の縮小により改善がみられた。また、物価の先行きは7割超が上昇を見通す結果となっている。
 これらを背景に、前回2月に4調査ぶりの改善となった消費者心理は、2調査連続で改善を示しており、01年6月以来ほぼ12年ぶりの水準を回復している。

<<概況>>

【有効回収数等】

  有効回収票   調査期間
 2013年4月調査
(18歳〜79歳)
 1,145 4月3日〜4月15日