一般社団法人日本リサーチ総合研究所

産業社会調査事業
消費構造変動調査
2012年11月30日

今後1年の消費と貯蓄の見通し
(2012年10月調査)

日本リサーチ総合研究所は、1981年以来、自主事業として、広く日本社会の経済、産業、国民生活の実態と今後の変化について研究調査を実施し、その結果を公表してきました。
過去の研究調査のテーマは、雇用、福祉、学習・教育、家族、環境・住宅、消費といった個人の生活に直結するシステムの問題から政治意識、社会意識、生きがいの問題まで、テーマは広汎多岐にわたってまいりました
「消費構造変動調査」は、これまでも成熟段階に入ったわが国経済における消費の実態や消費者の価値観など、ひとびとの消費生活にかかわる部分に焦点をあてた分析を実施してまいりましたが、この「今後1年の消費と貯蓄の見通し」は、「消費構造変動調査」の一環として、2012年10月に実施したアンケート調査の結果をとりまとめ紹介するものです。
(※ レポートをお分けしております。ご関心のある方は、メール、または下記の問い合わせ先までご連絡下さい。)

問い合わせ先
一般社団法人 日本リサーチ総合研究所
企画事業部 
TEL 03-5216-7315/ FAX 03-5216-7316

<結果の概要>

<<今後1年間の消費支出全体の見通し>>
 “増加・充実”“減少・節約”とも減少し、“現状維持派”が増加。

図表1 今後1年間の消費支出全体の見通し

図表1 今後1年間の消費支出全体の見通し

<<消費支出"増加・充実"の理由>>
 「いろいろと出費の予定」「こどもの成長と家族増」がほぼ5割。「医療費負担増」が4月からかなり増加。

図表2 今後1年間の支出が「増える又は充実させたい理由」(複数回答)

図表2 今後1年間の支出が「増える又は充実させたい理由」(MA)

<<消費支出"縮小・節約"の理由>>
 消費支出の縮小・節約理由としては、先行き不安や公的負担増が強まる。

図表3 今後1年間の消費支出が「減る又は節約したい」理由(複数回答)

図表3 今後1年間の消費支出が「減る又は節約したい」理由(MA)

<<過去1年間と比べて支出が【増える】費目>>
 「医薬品・医療費」に加え、裁量性の高い「通信費」「被服・履物費」等も4月から増加に。

図表4 今後1年間に支出が【増える】費目(複数回答)
図表4 今後1年間に支出が【増える】費目(MA)

<<過去1年間と比べて支出が【減る】費目>>
 「外食費」「預貯金」がほぼ4割、他の費目もほとんどが4月比で支出減少を強める。

図表5 今後1年間に支出が【減る】費目(複数回答)
図表5 今後1年間に支出が【減る】費目(MA)

<<今後1年間の貯蓄・ローン返済等の見通し>>
 貯蓄・ローン返済等について、およそ3人に2人は現状水準の維持を見込む。

図表6 今後1年間の貯蓄・ローン返済等の見通し

図表6 今後1年間の貯蓄・ローン返済等の見通し

【有効回収数等】

  有効回収票   調査期間
 2012年10月調査
(18歳〜79歳)
 1,160 10月3日〜10月15日